KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

リスニングの勉強法、その1

Posted on: 2008年11月13日(木) 13:44

英語教師塾の光景です
(先般の英語教師塾の光景です)

リスニングの本が配布されたり、書店さんで買ってきたりして、最初からやり始め
中に載っていた問題をひたすら解いていたA君を紹介します。

ある程度のところまで来て「果たして自分はどれぐらい聞けるようになってるかな」
と考えたA君。まったく別の本に付いていたCDをワクワクしながら聞いてみたら・・・

まったく聞けない! (┬┬_┬┬)

次に紹介するのは、授業の最初とか、朝のSHRなどに10分間のリスニングテスト
みたいな簡単な教材が配布され、一応土日以外は英語を聞いていたB君。

ある時に模擬試験を受けて愕然となります。なぜなら・・・

まったく聞けない! :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

A君とB君、ある程度の点数を取ることはできます。でも完全に聞き取ることは
きっとできません。ある日突然聞き取れるようになる!なんてことはありません。

前川先生のご本
(僕の同僚の前川直哉先生が出版された本です)

あるリスニング用の問題集が先生から配布されたC君。「これを冬休みにやれ!」
と英語担当の先生から宿題を出されました。配布されたのは12月20日。

指示されたとおりにC君は頑張ってやりました。その本の提出は1月8日ですから、
3週間程度しか時間はありません。センターまでちょうど1ヶ月。

たかが1ヶ月で英語が聞けるようになるかよと思いつつ、先生に指示された通りに
やってみました。大事なことは、指示された通りにやるということでした。

結果的にC君は約2~3週間でかなりリスニング力が付き、センター試験程度なら
ほとんど100%に近い点数を取ることができるようになりました。

さて、A君・B君とC君との違いは何だったのでしょうか?

それぞれをシミュレイトしながら良かった点や悪かった点を検証していきますね。
要するにC君のやり方を採用すれば、センター試験までの残り時間で高得点が
取れますし、実際に私は同じ教材で同じ方法で授業をしています。

続きはまた明日。

続きを早く書いてほしい人は愛のクリックをよろしく!
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)『ユメタン』、採用してくださる学校が1校、また1校と増えてきました。
     また「単語忘れなくなった!」という声が多数寄せられるようになりました。
     私が指示したとおりにやってください。忘れなくなります!

 


ACCESS COUNTER

Total 36016184 Hits!

▲PAGE TOP