KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

リスニングの勉強法、その5

Posted on: 2008年11月22日(土) 9:55

鹿児島のユメタン風景

鹿児島で全国の英語の先生の大会が行われていましてね(木村は欠席) 。
昨日はそこに参加されている多くの先生方から電話を夜中にもらいました。

その後もらったのが上の写真です。まぁ、飲みながら(笑)。でも楽しそう。

模擬授業をされている先生方、発表をされている先生方はお疲れさまです。
今日も頑張って下さいね。僕も行きたかったのですが、残念です。

全英連の会場には下のような展示も行われていたそうで・・・

全英連会場

ありがたいですねぇ(┬┬_┬┬)

「驚くほど忘れない!」とか「続けられる」とかいうコメントを頂戴しております。
僕があみだした方法というより、通訳養成学校で行われている単語テストを
そのまま本にしたらこうなりましたよという本です。ぜひ使ってください。

さて、リスニングの勉強法の続きです。

A君はディクテーションを繰り返し、最初は聞き取れない箇所がかなりあって
イライラもしましたが、4~5日続けると結構聞けるようになってきました。

否、かなり聞けるようになってきました。

喜び勇んで先生のところに報告に行くA君。成績が上がる人って職員室が
大好きなのです。A君は英語の先生のところへ走っていきました。

A君  先生!かなり聞き取れます!
先生  おぉ!そうか。ではそれに音読を加えてみよう。
A君  おんどく?ですか?
先生  まぁ見とけ・・・いや、聞いとけ(笑)

と言って先生はCDデッキを取り出しました。そしてA君が使っているという
この本を出してきて(すまん、多少の宣伝は我慢せぇよ)CDをセットしました。

先生  お前、この本はディクテーションしたんやな?(急に関西弁)
A君  しましたよ。もうすぐ最後まで終わります。
先生  じゃあ第1日の最初の問題を流すから音読してみ。

というわけで、CDに合わせてA君は音読を始めました。

******************************

アゥワ ローカルボーイスカウトトゥループ イズ ホールディング アフード
ドライブ トゥ ベネフィット ザ シティズホームレス・・・

(スクリプトはOur local Boy Scout troop is holding a food drive to benefit
the city’ homeless.)

******************************

先生  あのなぁ、何の為にCDをかけてるかわからんやないか。
A君  はい?
先生  ディクテーションしたんやろ?
A君  はい、そりゃCDが擦り切れるほど。
先生  CDは擦り切れへんわ。ならモノマネできるやろう?
A君  え?喋ってる人のモノマネですか?できますよ。
先生  速度だけじゃなくて、イントネーションも発音も全てモノマネするんや。

桜島!
(桜島です)

というわけで、再度やりなおしです。A君はスクリプトを見ながら音読を再開
しました。今度はこんなふうに・・・

*******************************

ァワ ロッコォボイスカウッチュルーピズ ホーディンナ フーヂュラァイブ・・・

(Our local Boy Scout troop is holding a food drive)

*******************************

先生  じゃあ今のスクリプトを10回ほど音読してみ。ボソボソ言うなよ。
A君  わかりました。とにかく音量もCDを真似ます。

というわけで10回終わらせたA君にさらに先生が言います。

先生  じゃあ次は今より速く読んでみ。このデッキには少しスピードを上げる
     機能が付いているので、ちょっとだけスピードアップする。
A君  2倍速とか?
先生  そんなに速いのは無理。第一続かない。大事なのは続けることや。

というわけで、どんどん速く読むA君。速度はCDに入っていた160wpmでは
なく、170wpmに、そして180wpmになりました。

先生  できたなぁ。
A君  ですね。かなり速かったですが、一緒に読みました。
先生  では元の速度に戻して聞いてみようぜ。
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
A君  え?お、遅い・・・ですね。
先生  かなり遅いやろう?じゃあついでに2番も聞いてみようぜ。
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
A君  相当聞き取れます。これは凄い!でも僕の家のデッキには速度を
     変える機能がないんですよ。
先生  問題ないよ。発音や音のつながり具合いがわかったら、自分で速度を
     上げて読んだらええねん。そして元のCDを聞いたら遅く感じるよ。
A君  これでもうリスニングの達人ですね!
先生  安心するのは早い!これから教室に帰って日本語で友達と喋ってる
     間にどんどん英語の耳が廃れてくるからな。
A君  え~~~!じゃあどうすればいいんですか!
先生  だからある程度は安定するまで、必ず毎日続けないとあかんのや。
A君  2週間ぐらい続けたら英語の耳は安定しますか?
先生  その間にどれぐらいディクテーションと音読をやるかやけどね。
A君  センター試験まで毎日最低でも30分ずつはリスニングをやります。
先生  そうやな。それぐらいやってもええよね。人生かかっとんやから。

というわけで、ディクテーションと音読をひたすら毎日続けたA君。結果的に
センター試験のリスニングは満点をゲットし、志望大学に合格しました!

富士山

実は、この話は実話です。言い忘れましたが、授業の最初などに10分だけ
試験形式で聞いていただけのB君は、僕の昔の生徒のモデルです。

これでは点数が上がりません。

ディクテーションを繰り返すことと、そのスクリプトを音読すること。さらに速度
に対応するため、音読の速度を上げていくこと。これがキモなのです。

教材は何でもいいけど、せっかくこうして紹介したので、僕の本を使って(笑)
やってくれたら嬉しいな(^O^)。

ご静聴ありがとうございました!♪

役に立ったという人は愛のクリックをよろしく!
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)ちなみに12月10日頃に出る『東大英語基礎力マスター』Vol.7は
     1冊まるまるディクテーション&音読ブックになっております(笑)。
     たぶんキツイと思うけど、そのかわりメッチャ力はつくで。

 

  


ACCESS COUNTER

Total 36016051 Hits!

▲PAGE TOP