KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2013年11月13日

kimutatsu

啓林堂書店大和西大寺店さんにて

Posted on: 2013年11月13日(水) 20:47

keirindou1

『ユメサク』ですが、多くの先生方からメールを頂戴していまして。

そうか、こういうふうに指導したらよかったのかという声を頂きます。
特に『ユメブン』で培った英文法ベイストな英作文力をアップさせた
うえで、和文和訳のトレーニングに入って頂ければ効果抜群です。

ただ、授業で扱える問題の数ってあまり多くありませんので、
『ユメサク』で生徒たちが自分で和文和訳のコツや習慣を身に付けて
くれればいいなと思っています。

11/2に発売となったのですが、すでに一括採用が2校。

ありがたく思っています。

さて、共著者の西山先生からメール。というか毎日メール来るけど。

奈良県の啓林堂書店大和西大寺店さんに行ってきた!とのこと。

そして書店員さんと話をしてきました!とのこと。

著者みずからが本書の使い方や想いを書店員さんに伝えることは
とても大事なことです。

keirindou2

keirindou3

keirindou4

*************

書店員さんと話をしました。とても熱心な方でいろいろお話をして
くださいました。
近所に現役生対象の駿台や東進があり、けっこうしっかり勉強する
学生がたくさん来てくれるので、『ユメタン②』や『ユメタン③』が
よく売れるとのことでした。

また、『ユメサク』のコンセプトを話すと学習参考書コーナーだけで
なく、語学のほうにも置いてくださるそうです!

*************

と、西山先生からのメールに書かれていました。

こうして多くの書店さんに足を運び、書籍のプロである書店員さん
と話をすることで著者は成長する側面があるのです。

僕も安河内哲ちゃんも書店によく足を運びます。

自分の本を売ってくださってるのですから当然のことです。

感謝の気持ちをもって、書店員さんに接し、そして多くのことを学ば
せていただくのです。

西山先生はまだ著者としてはスタートしたばかりですが、このように
あちこちの書店さんに足を運んでいるのはとても好感が持てます。

先日は旭屋書店ららぽーと甲子園店に一緒に行きまして、北川店長
にお時間を割いていただきました。

僕も負けずに書店さんに足を運んで、いろんなことを勉強したいなと。
そしてさらに多くの良い本を創っていこうと思っています。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
なんか僕が総合英語の参考書を創ってるっていう噂が
あるらしいですね。今日もある出版社に聞かれました。
『Forest』や『Dual Scope』などを凌ぐ参考書が創れたら
それはそれでいいと思いますねぇ。

 


kimutatsu

キャベツの千切り

Posted on: 2013年11月13日(水) 18:13

kimutatsu0107

僕はキャベツの千切りが大好きです。ドレッシングではなくソースを
かけて食べます。ウスターソースです。

ちなみにポテトサラダにソースをかけて食べるのも大好きで、矢沢
永吉が「ポテトサラダはウスターソースだよね」と言っていたと聞き、
「俺、YAZAWAと同じやん」と思ったものです。

ところがさすがに食堂なんかに行っても「キャベツ」というメニュー
がない!

子どもの頃から母親がキャベツの千切りを出してくれてたんやけど
必ず横に何かがあったのです。

だってキャベツの千切りだけが皿に盛られてるって、変やん。
それはあまりに哀しすぎる。それは食べたくない。

から揚げとかコロッケとかソーセージとか、そういうものの横にドカっ
とキャベツの千切りが盛られてるのです。横にトマトも添えて。

お袋の手作りのから揚げやコロッケは大好きやったなぁ。

で、最近の僕はどこでキャベツの千切りを食べてるのかっていうと・・・

トンカツ屋さんです。

最近のトンカツ屋さんってご飯とキャベツと味噌汁のおかわりが自由
じゃない? だからトンカツ屋でキャベツをひたすら食べるのです。

だから何?って思いながら読んでくださった人、ごめんなさい。

落ちも結論も何もありません。

お腹がすいて・・・どうもキャベツが食べたくって。ただそれだけです。
とんかつ屋に入っても、キャベツばっかり食ってます。

 

今日もブログを覗いてくださってありがとうございました。
昼飯、だいたいカロリーメイトだけなので夕方は鬼空腹です。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

ACCESS COUNTER

Total 36016170 Hits!

▲PAGE TOP